事故車からの避難

メインイメージ

高速道路で事故になったときの避難方法

高速道路を走行中に事故や故障などで走行が不可能になった場合、ハザードランプを点灯させ後続車に危険を知らせ、徐々に速度を落としながら路肩に寄せて車を停止させますが、橋やトンネルなど通過中の場合は、可能な限り走行するようにし、緊急の場合はその場で停車します。

車を路肩に停車する際、万が一後続車が衝突した時に二次災害を防ぐ目的で、ハンドルは左に切った状態にします。

周囲の安全を確認して車から降り、発煙筒や停止表示器材を車から出し、事故車の50m以上後方に設置し、ガードレールの外側などに避難します。

避難する場合、事故車の前方だと追突された場合に危険が伴いますので、事故車の後方約10m付近に避難し、非常電話か携帯電話などで救助を依頼します。

この時、高速道路には100m毎にキロポストという距離標が設置されているので、キロポストの番号を伝えるようにします。

事故で負傷者がいる場合は、救助依頼を真っ先に行い、可能な限り応急処置を行います。