事故車からの避難

メインイメージ

知っておくべき豆知識

車の運転においては運悪く事故に遭遇してしまう場合があります。それは、自損であったりもらい事故であったりと様々ですが、他にも車のトラブルによるものや災害によって通行不能となってしまうこともあります。車の運転では、万が一のために対処法に関しての知識を備えておく必要があり、それは安全な避難へつながることになります。

事故が起きた場合にはできるだけ事故車から離れることが大切なことになりますが、一般道においては回りの車両や歩行者を確認できることや、信号があったりと比較的安全に避難をすることができることになります。

注意をしなければならないのは高速道路での事故を上げることができます。高速道路での事故では事故車からの非難途中や路上に留まることでの死亡率が非常に高く、速やかに路側帯から外に避難をする必要があります。手順としては、まず、事故車のハザードランプを点灯させてから、路肩に停車をするようにします。次に発煙筒や停止表示板を車両後方に設置をし、後続車が事故車の確認をしやすくするようにします。その後避難をし、非常電話か携帯電話で救援依頼をすることになります。

車のトラブルに関しては、災害による場合に関しても知識として知っておく必要があります。特に最近良く耳にするゲリラ豪雨などでガード下にいる場合などでは水が一気に押し寄せる事なり、素早い対処をしない場合には脱出をすることが不可能となります。この場合には水圧によってドアを開けることは難しくなり、窓ガラスを割って脱出をすることになりますが、慌てないで対処をする必要があります。

また、ガラスは強固なものが使用されているために、脱出用ハンマーは常備をしておくことが大切になります。

事故車はどこに運ばれる?

事故車の運ばれる場所に関しては、大きく2つを上げることができます。事故の場合には、自走が可能な場合には警察等の処理の後に自分で運転をして移動をすることになりますが、損傷が激しい場合などで避難をした場合には事故車は別に移動する必要があります。事故車に関しては、あくまでも個人所有となるため...  続きはここから ⇒