事故車からの避難

メインイメージ

事故車に関する情報

車を運転中に大きな地震が起きた時、周りを走行する車が地震発生の情報を知らないケースも在るため、急ブレーキなどをかけて停止させると言う事は事故に繋がる事からも慎重な対応が必要になります。

また、地震が発生して車を止めようとする時は周囲の状況を確認してからハザードランプを点滅させて、周りを走行する車に対して注意を喚起するのが最適で、これにより地震が起きている情報が周りに知られる事で安全な状態で非難をすることが出来ます。

尚、避難をするときは道路の左側に車を寄せて停止させるようにしますが、この時、周囲に事故車などがいる場合もありますが、事故車などが在る場合も注意をして避難をするようにします。

ところで、事故車と言うのは廃車にするしかないと言ったイメージを持つ人も多いものです。

事故の履歴は中古業界の中ではマイナスなイメージを持つことからも、中古車として売れないだろうと考えるケースが多いのですが、事故車と言う履歴を持つ車の場合でも、適正な価格で買い取りをしてくれる業者さんは存在しています。

日本国内での流通は難しくなりますが、海外に輸出することで事故歴を持つ車でも売る事が可能ですし、海外では日本の車に対しての評価が高いことからも、事故歴を持つ車の場合でも売却が可能になると言う事です。

そのため、万が一、事故を起こしてしまい、車に事故歴が付いた場合でも、廃車にしてスクラップにする必要はありませんし、買取りをして貰う事が可能です。