事故車からの避難

メインイメージ

万が一のための避難術

高速道路で車を運転している時、万が一事故を起こしてしまった場合はどのようにすれば良いのでしょうか。

そもそも、高速道路は車が猛スピードで走っており、事故でやむを得ず車を止めた時に運転手や同乗者が後続車にはねられる可能性が非常に高くなります。実際に人気お笑い芸人が高速道路での事故で車を降りた時、後続車にはねられて死亡する事故が起こっています。万が一高速道路で事故を起こしてしまった時は、これから挙げる点に注意しましょう。

まず、事故車には絶対留まらず、車の外に避難します。事故車に留まっていると、こちらの存在に気づかずに走ってくる車に衝突され、命を落とす危険性があります。くれぐれも事故車に留まらず、速やかにガードレールの外側など安全な場所に避難しましょう。

これに加えて、事故車のハザードランプを点滅させる、発煙筒をつけるなど、後続車に事故車の存在が分かるようにします。万が一に備え、発煙筒と三角表示板などの停止表示器材は必ず車内に置いておくようにしましょう。

ここまでの措置が完了したら、携帯電話で警察に通報するか、高速道路上に設置されている非常電話で速やかに事故を報告します。非常電話は本線上であれば1キロごと、トンネル内では200メートルごとに設置されています。

事故報告が完了したら、前述の安全な場所で担当者の到着を待ちます。このように、高速道路上での事故は普通の道路にはない注意点がたくさんあります。

高速道路で事故になったときの避難方法

高速道路を走行中に事故や故障などで走行が不可能になった場合、ハザードランプを点灯させ後続車に危険を知らせ、徐々に速度を落としながら路肩に寄せて車を停止させますが、橋やトンネルなど通過中の場合は、可能な限り走行するようにし、緊急の場合はその場で停車します。車を路肩に停車する際、万が一後続...  続きはここから ⇒